婦人

妊娠線を消せるクリームが登場|自信を取り戻せ

妊娠時のお腹ケアを

化粧品

妊娠線を防ぐためのクリームには、美容成分や皮膚を柔らかくする潤い成分が含まれています。ヒアルロン酸などもそのひとつです。クリームをお腹全体に塗っておけば、皮膚が伸びやすくなるので、妊娠線をしっかり予防できます。

妊娠したらすぐ予防する

夫婦

保湿することが大切

女性にとって妊娠は大きな喜びです。赤ちゃんという新しい命がお腹に宿り、お腹が日々大きくなっていくことはとても嬉しいことです。しかし、その喜びだけでなく妊婦の生活は妊娠していない時期に比べると様々なトラブルや生活習慣の気遣いによりとても体力を使うのも事実です。人によって様々ですが、妊娠初期から中期にかけて食べつわりや吐きつわりなどつわりに苦しむ妊婦さんも少なくありません。しかし、つわりは後期には徐々に収まり遅い人でも赤ちゃんをうんだら必ず終わりが来ます。また、出産時の陣痛の痛みや分娩の痛みも必ず終わりがきます。しかし、出産後妊娠線は違います。出産後、妊娠線がくっきりと残ってしまいなかなか消えないという悩みをもつ女性が多くいます。妊娠線は、妊娠してお腹が大きくなる過程により出来てしまうものです。お腹が大きい時はさほど気にならなくても赤ちゃんを産んだあとふとお腹をみると黒ずんだ妊娠線にショックをうけて後悔してしまうという人がいます。これはなかなか簡単に消えるものではないので女性にとって大きなストレスになってしまいます。まずは、妊娠線が出来ないように妊娠したと分かった妊娠初期の時点から予防することを心がけることが最も大切です。お腹が大きくなり始める初期の段階から専用の妊娠線予防の保湿クリームを塗ることが大切です。とにかく乾燥することで妊娠線が出来やすくなるので保湿をするという意識を常にもつことが大切です。朝おきた時や入浴後などこまめに塗ることで妊娠線を防ぐことができます。

選び方のポイント

お腹

妊娠線を予防するためには、クリームやオイルで保湿することが大切です。コラーゲンやセラミドといった肌の弾力性を高める成分が含まれた化粧品を選ぶと、高い効果が期待できます。妊娠中に使用するものなので、無香料のものを選びましょう。

3種類の予防グッズ

クリーム

妊娠線予防グッズには、クリーム、オイル、ローションの3種類があります。それぞれの特徴を知り、使い分けることが大切です。保湿力や使用感などが大きく異なるので、自分の使いやすいタイプの商品を見つけましょう。